バツイチが抱える不安と再婚がうまく行くためのコツ

バツイチが抱える不安と再婚がうまく行くためのコツ
お悩み

昔と比べると、離婚をする人が増えていると言われています。今はバツイチと言っても、それほど珍しくなく、また結婚後も女性が働き続けるケースも多くなり、経済的な障壁がなくなったため、離婚をしやすくなったからでもあるでしょう。

ですが、結婚後の離婚が珍しくなくなり、バツイチの人が増えたことで、バツイチならではの悩みを抱える人も多くなってきました。

ここではバツイチの人が抱える不安と、再婚を考えたとき、うまく行くためのコツを紹介します。

独り身で老いを迎えることの不安

関係が悪化して配偶者と離婚をすると、最初は気分がスッキリして身軽な気持ちになります。ですが、自分がこれからどんどん年を取っていくことを考えると、老後の孤独への不安というのは避けて通ることはできません。

仮に、子供がいたとしても、将来結婚することになれば、いずれは親の元を離れていきます。

ですので、バツイチの人が再婚を考えるのは、老後への不安も大きな理由となっています。特に、ある程度上の年齢の人が再婚を考える場合、メインの動機といってよいでしょう。

今は高齢者のためのサービスがいろいろと整ってきているとはいっても、老後の時間は非常に長いものです。その長い時間を一人で過ごすというのは、やはり、ツライものだと言えるでしょう。

経済的な部分への不安

経済面での不安から再婚を考える人も多いです。とくに、女性の場合は、収入面で男性と比べると厳しいケースが多いので、再婚の強い動機となりえると言えるでしょう。子供がいた場合、前の夫から養育費をもらえるのが普通ですが、それでも、子供にしっかりとした生活を送らせるためには、養育費だけだと厳しいのが現実だからです。

男性の場合でも、自分一人で稼いで生活するよりも、配偶者がいて共働きで生活をしていくほうが、経済的な負担は軽くなります。老後の年金なども考えると、二人分の収入があるほうが、家計は間違いなく安定しますので、そういった意味で、経済的な部分への不安は再婚への主要な動機の一つと言ってよいでしょう。

片親で子供を育てることへの不安

離婚をしたときに子供がいた場合、子供は父親か母親の片親のもとで育てられることになります。片親で育てることによる子供への影響、不安が再婚への動機になるケースもあるでしょう。

子供の成長には、父親から学ぶ男性的な側面と、母親から学ぶ女性的な側面がバランスよくあるほうが良いと言われています。また、両親がいることによる安定した環境も、子供が育っていくためにあるほうが好ましいです。そのため、子供がいる場合には、こういった不安も再婚を考える動機となりえます。

バツイチだからこその再婚への不安

バツイチの人が抱える不安としては、再婚への不安というものもあります。チャンスがあれば結婚したい、人生をやり直したい。でも、また失敗するのが怖いという不安は、一度離婚を経験している人だからこそと言えるでしょう。

離婚というのは結婚する時以上にエネルギーを使うため、離婚の過程で疲れ切ってしまう人も多いです。そういった経験をしているために、初婚の人と比べると、安易に結婚に踏み出すことができないという側面は間違いなくあります。

また、再婚の時に子供がいるとなると、相手がそれを受け入れてくれるだろうか。子供は新しい親になじんで、うまくやっていけるだろうかなど、そういった部分も不安の原因となります。

バツイチの人にとって、再婚しないことへの不安と、再婚に対する不安が両方存在しており、そういった心理的な葛藤が再婚への大きな障壁になっているという側面もあるのです。

再婚がうまく行くためのコツ

再婚がうまく行くためのコツ

再婚は相手があってのものです。ですので、再婚がうまく行くためには、相手をしっかりと見極める必要があると言えるでしょう。

過去の離婚の経験から、どういったタイプの相手を選ぶべきなのか。このあたりの配偶者選びの基準は、初婚の人と比べるとバツイチの人はかなりシビアになってきているはずです。

人によって性格や能力が違うため、相性が良い相手も違いますが、最低限、相手の金銭感覚や性格、生い立ちなどは可能な範囲でしっかりと見極めておくべきでしょう。とくに、金銭感覚は結婚生活と大きく関係してくるので、この部分をシビアに判定することが、再婚をうまく行かせるための一つのコツとも言えます。

いずれにしても、出会ってすぐ相手の深い部分まで見抜くのはかなり難しいです。ですが金銭感覚だったり、お酒に深く酔った時、どういった態度になる人なのか、この辺りは一つの目安となるので、参考にしてみると良いでしょう。

まとめ

バツイチの人が再婚を考える時、さまざまな不安と向き合うことになります。その上で、どういった強い動機があって再婚を考えるのか、その点をまずはハッキリさせることが必要です。

将来が不安なのか、子供のためなのか、経済的により安定させたいのかなど。この再婚のための動機が明確になれば、再婚相手に求める条件もおのずと決まってくると言えるでしょう。

理想のパートナー探しは婚活サイトがおすすめ

ユーブライド

youbrideは真剣に結婚を考えている人のための婚活サイトです。

結婚願望のある会員が多いため、仲良くなった相手とゴールインできる確率が高いです。実際にyoubrideで出会ってゴールインした男女は年間2000~3000人にも上ります。

mixiグループが運営する婚活サイトですので、管理体制もしっかりしています。入会には身分証明書を提示のうえ年齢認証を行うというように徹底しています。

Pairs(ペアーズ)

pairs3

Pairs(ペアーズ)は累計会員数700万人を誇る人気婚活・恋活アプリです。

ペアーズはマッチング率が非常に高いです。それもそのはずで、男女の会員比率ほぼ同じで、さらに700万人も会員がいるのですから、好みの異性を見つけるのは難しいことではありません。

女性の場合は基本無料で利用できますので、無料会員のままで男性とやり取りできます。男性も無料会員でもお相手を検索したり、「いいね!」を送信することができます。

Match(マッチ)

マッチ・ドットコム

Match(マッチ)は世界中に1000万人以上のユーザーを持つ老舗マッチングサイトです。

一般的にはこういったサービスでは女性は無料の場合が多いのですが、Matchでは男女ともに『有料』ということで、本気で結婚相手・交際相手を探している人が集まっています。

無料会員のサービスはありますが、基本的にプロフィール閲覧のみの利用になりますので、初めのひと月を無料で試して、大体の事情が分かってから有料会員になるのがおすすめです。

関連記事一覧

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。