• HOME
  • お悩み
  • どうしても彼氏ができない!その理由や原因をちょっと考えてみましょう

どうしても彼氏ができない!その理由や原因をちょっと考えてみましょう

どうしても彼氏ができない!その理由や原因をちょっと考えてみましょう
お悩み

現代の日本では少子化の問題が深刻になり、結婚しても子供を産まない家庭や、そもそも結婚をしない傾向が顕著になっています。

そして彼氏ができないという女性の割合も年々増加しているとのことで、『アラサー・アラフォーを過ぎても結婚できないのでは?』と真剣に悩んでいる方は少なくありません。

今回は彼氏ができない女性の方々の問題を、原因と理由を踏まえて深く掘り下げていきます。

彼氏ができない原因は?

男性の恋愛離れ

なぜ多くの女性に彼氏ができないのか?その原因は男性の恋愛離れがあります。草食系男子とか二次元オタクの男性が、リアルな彼女に興味を示さず、バーチャル世界の女の子やテレビの中のアイドルばかりを追いかけているからです。

バブルの時代なら、普通の女の子でもアッシーやメッシーといったファン男性が数人いて、その他にも本命の彼氏がいたものです。それは当時の男性が、もの凄く積極的に彼女を求めていたからにすぎません。数十万円・数百万円もするブランドバッグをローンで買ってまでプレゼントしたり、彼女をデートに誘いたい一心でマイカーを購入したりと、若い男性は全力で女性を口説きに行った時代です。

でも今は、そういった努力をしたくない男性が増えました。それどころかお金も時間も、精神的疲労も恋愛につぎ込みたくないといった風潮が広まって、専ら自分の趣味やバーチャルな世界で遊んでいるのが現実です。

金銭的な問題も

話をまたバブル時代に戻しますが、結婚条件に年収1000万円以上とか2000万円以上を考えている女性がとても多く、ある程度贅沢な暮らしを保証してくれる相手を探す傾向がありました。そのハードルの高さは長引く不況下で下火になりつつありますが、男性にとってはそれも彼女を作らない原因の一つとなっています。不景気でも稼げる男性はごくわずかで、お金の無い男性は結局バーチャル彼女へ走るしかないのです。

金銭的な負担の大きさも男性が恋愛嫌いになっている原因で、草食系男子も女性に労力を使うよりは、自分のために時間も金も使いたいという考えがあります。そして不況は独身女性に大きな負担を負わせています。男性よりも低賃金で働く女性は、親元を離れた20代から貧困状態に苦しむ例が少なくありません。毎日職場と家との往復で、結婚したいと望んでいても出会いが見つけられないのです。このように男性も女性も、皆同じように恋人を作る気力や余裕を奪われてしまっていると言えるかもしれません。

SNSの普及で一人でも気楽に生きられる時代

それともうひとつ理由を挙げておきましょう。今の人間関係はバーチャル寄りになってきています。共に時間を過ごしながら仲良くする関係よりも、ネット上でプライベートな時間を最優先にしつつ距離感を保った友情関係をキープするようになっています。これによってもっとたくさんの知人・友人とのつながりが持てますし、互いの距離感は自分の意思で決める事もできるでしょう。

精神衛生上で居心地の良い社会生活となり、リアルな付き合いをするのは面倒だと感じるようにもなります。これも実際に恋人を作らない理由となっているのです。

彼氏が欲しいならマッチングアプリがおすすめ

pairs3

彼氏が欲しいけど、なかなか良い出会いが無いという人にはマッチングアプリがおすすめです。現在ではマッチングアプリの参加者急増中です!

SNS系マッチングアプリPairs(ペアーズ)には、累計で700万人以上のユーザーがいるとされています。そしてこの数年間で誕生したカップルは3000万組を優に超えているとのことです。これまで人間関係がバーチャル化していると説明してきましたが、その一方では、ちゃんと恋愛を楽しみたい人、結婚して幸せになりたい人達が恋活・婚活を積極的に行っています。

マッチングアプリがおすすめの理由

SNS系出会いのメリットは、真面目に相手を探している方と出会える確率が非常に高いこと。以前流行した出会い系サイトは援助交際や風俗系の女性の稼ぎどころとなってしまい、セフレやヤリモクの人には便利でしたが、本気で彼氏・彼女を探している人にはリスクの大きなツールでした。でもSNS系マッチングアプリは、もっと安心して参加ができるツールに整っています。

彼氏が欲しいけれど忙しくて出会いを探していられないという人や、自分の周りには希望する男性が見当たらないと悩んでいる人、恋愛に不安があって自分から相手を探せないという人も、マッチングアプリなら気楽に相手探しができるでしょう。

なぜなら自分の好みで好きなタイプの男性を、何人でも好きなだけ候補にする事ができるからです。しかも選ばれた相手には何も迷惑が掛かりません。あなたが出した『いいね!』を受けて、相手はあなたのプロフィールを確認して、興味があれば『いいね!』をそっと返してくれます。返事がなければ縁が無かったということで、また別の人を探せばいいだけのこと。

そして交際の始めはメールだけのやり取りである点も、ユーザーへのプレッシャーを軽減しています。まるで恋人探しゲームの様な感覚で、自分だけであれこれと工夫して、気楽に楽しみながら恋人を探せるというメリットがあります。こうして誰にも知られずに、自分のペースで恋を育てていけるのですから、こんなに素敵な時間は他に無いと言えるかもしれません。

まとめ

厚生労働省のデータによりますと、20~24歳の未婚率は約90%と非常に高く、25~29歳でも70%が独身だとあります。つまり20代で結婚をするケースは30%しかないのです。そして30代の未婚率は50%ほどで、アラフォー世代の女性の3.5人に一人は未婚状態だというデータもあります。

この事が遠回しに彼氏ができない女性の増加を意味しているのです。よくドラマなどで、都会で働いている若い独身女性が『30才までには結婚したい!でも今恋人もいないしなぁ・・・』などというセリフを口にしますが、現実はもっと厳しいと言えるかも知れません。マッチングアプリ・ペアーズの会員となっている女性は60万人以上です。20代で36万人前後、30代でも20万人前後の女性が恋人を探しています。

他にもマッチングアプリは多数ありますので色々試してみるのもいいでしょう。

関連記事一覧

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。