出会いを求めるにはお金がかかるのか?お金を節約する方法も紹介

出会いを求めるにはお金がかかるのか?お金を節約する方法も紹介
お悩み

基本的に出会いにはお金がかかります。

なかなか出会いがないという人の多くは、出会いにお金をかけていないという現実があります。

恋愛をするのにお金をかけるというのも変な話ですが、やはりお金をかけるのとかけないのとでは、かける方がはるかに出会うことができるのです。

出会いにお金がかかるのはどうして?

自分磨きにお金がかかる

なぜ出会いにはお金がかかるかというと、まず自分磨きの時点で出費があるからです。異性から恋愛感情をもってもらうには自分に魅力がなくてはいけません。男女問わず、定期的に美容院に行って髪を整えたり、服を揃えたりする必要がありますし、特に女性は化粧品が必須なので、男性よりも自分磨きにお金がかかります。

またダイエットをするのにもジムに通ったり、ダイエット商品を買ったりすることで出費があります。

出会いの場では基本的にお金がかかる

それから出会いの場でお金がかかることもあります。飲食店に行けば飲食費を支払う必要がありますし、スポーツ施設に行けば利用費を支払う必要があります。基本的に外に出なければ異性と出会えませんし、外に出るとどうしてもお金がかかりがちなのです。

女性の場合、男性からおごられるのを当たり前と思っている人もいます。確かにおごってもらえば出費を抑えることができますが、いつもこういった意識を持っている人は男性から嫌われがちなので、結局出会いを遠ざけてしまうでしょう。

恋活・婚活サービスの利用料金がかかる

有料の恋活や婚活サービスを使う場合は、当然その利用料金がかかります。自分磨きやデートの費用などに加えて料金がかかるため、出費が重なることにはなりますが、その代わり出会える可能性がぐっと上がります。

お金を節約するのはOK

お金を節約するのはOK

多くのお金をかければ出会いの選択肢は広がりますが、中にはそんなに出会いにお金をかけられないという人もいるでしょう。その場合でも出会いを諦める必要はありません。要は出会いに一円もかけたくないという考え方がだめなのであって、お金を節約しながら出会いを求めるのは問題ないのです。

背伸びをしない!あくまでも等身大でいることが大切

たとえば、自分磨きをする場合でも、高い服や化粧品を買わなければならないわけではありません。むしろ明らかに無理をして高級なアイテムを身に着けていたりすると、「金銭感覚がおかしいんじゃないか?」と不審に思われてしまいます。なので、お金は自分の経済状況に合わせて適切に使うのが一番です。

髪はしっかりセットして、服は高級ブランドでなければモテないということはありません。髪型も服装もシンプルで清潔感さえあれば、お金をかけていなくても十分に異性から恋愛対象に見られます。

ダイエットはお金をかけずに出来る

ダイエットもお金をかけずにできることはいくらでもあります。野外でのランニングや家での筋トレなら、ジムに行くよりはるかに安上がりです。

インターネットでの出会いは節約になる

それからインターネットで出会いを求めれば、外に出て出会いを求めるよりもずっと節約できます。たとえば、大半のSNSは無料で登録できますし、不特定多数の人と自由に交流できます。

ただし、無料なぶん、これらのサービスは簡単には出会えません。あくまでも交流の場が提供されるだけであり、そこから出会いに持っていけるかどうかは本人の手腕次第です。

本気で出会いたいというのであれば、お金を払って利用する恋活・婚活サービスを利用するようにしましょう。最初から出会い目的で他の会員とやり取りが可能なので、ぐっと出会いに近づきます。利用料金もかなりリーズナブルなところが多いので、かなり節約にはなるでしょう。

女性は恋活サービスの利用料金が無料・優遇される場合がほとんど

女性は恋活サービスの利用料金が無料・優遇される場合がほとんど

恋活・婚活サービスは女性の利用料金が無料であったり、割安にされていることがほとのどです。女性はどうしても自分磨きの段階でお金がかかりがちですが、こういったサービスを活用すれば、結局トータルでお得になる可能性が高いでしょう。

なぜ女性が優遇されるかというと、恋活・婚活サービスでは女性の価値が高いからです。女性の登録者数が少なく、男性の会員ばかりだとバランスが悪いので、料金を優遇することで女性参加者を呼び込むわけです。実際、料金が安いと「試しに利用してみようかな」と思いやすくなります。

中には男性が優遇されるケースも?

中には男性が優遇されるケースも?

ほとんどのサービスでは女性が優遇されていますが、稀に男性の方が優遇されていることもあります。これはたとえば「男性は高所得者限定で、女性は制限なし」といったように、女性よりも男性の方が価値が高い状況の時に起こることです。

優遇されている場合の注意点も

優遇されている場合の注意点も

ただし、利用料金に優遇がある場合の注意点もあります。それは優遇されている人は優遇されていない人に比べて「出会いの本気度」が足りない可能性もあることです。

たとえば、女性の飲食費を無料にしている相席の飲食店の場合、最初から出会う気はないのに「タダ飯」を食べたいばかりに来店する女性も多いようです。そういった人と仲良くなるのが不可能というわけではありませんが、いいかげんにあしらわれるリスクもあるので、望ましいことではありません。

そのため、お互いの男女が同じくらい真剣な場で出会いを求めたければ、性別で優遇のないサービスを利用するのがいいでしょう。

また自分の性別が優遇されているサービスを利用するとちやほやされやすいので、あえてそういったサービスを利用する手もあります。

おすすめ恋活・婚活アプリ

Pairs(ペアーズ)

pairs3

Pairs(ペアーズ)は累計会員数700万人を誇る人気婚活・恋活アプリです。

ペアーズはマッチング率が非常に高いです。それもそのはずで、男女の会員比率ほぼ同じで、さらに700万人も会員がいるのですから、好みの異性を見つけるのは難しいことではありません。

女性の場合は基本無料で利用できますので、無料会員のままで男性とやり取りできます。男性も無料会員でもお相手を検索したり、「いいね!」を送信することができます。

マリッシュ

マリッシュ

マリッシュはFacebook連動のマッチングサイトであり、真剣に結婚を考える人のためのサイトという特色を強く打ち出しています。

若い人だけでなく、いわゆる結婚適齢期ではない人もたくさん利用しているため、中年以降の世代や離婚歴のある子連れの男女でも結婚相手を見つけやすいと評判になっています。

婚活サイトはいろいろ試したけど良い出会いがなかったという方にも利用しやすいサイトです。

Match(マッチ)

マッチ・ドットコム

Match(マッチ)は世界中に1000万人以上のユーザーを持つ老舗マッチングサイトです。

一般的にはこういったサービスでは女性は無料の場合が多いのですが、Matchでは男女ともに『有料』ということで、本気で結婚相手・交際相手を探している人が集まっています。

無料会員のサービスはありますが、基本的にプロフィール閲覧のみの利用になりますので、初めのひと月を無料で試して、大体の事情が分かってから有料会員になるのがおすすめです。

関連記事一覧

ピックアップ記事

  1. この記事へのコメントはありません。